ホームスポンサー広告 ≫ テストはクラス最高点でも通知票「3」の理由と絶対評価の方法ホーム通知票 ≫ テストはクラス最高点でも通知票「3」の理由と絶対評価の方法

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Ads by Google

テストはクラス最高点でも通知票「3」の理由と絶対評価の方法


entry_img_98.jpg


娘の2年生3学期の国語の成績はペーパーテストはクラス最高点だったけど、通知票には「3」がついていました。
内申書には関係ないけど…通知表の誤り報道で学校に問い合わせるか考え中

娘としては、国語の「3」よりも音楽「2」の方が納得いかないようでしたけどね(^_^;f
本心?作戦?親に怒られない通知表の渡し方


家庭訪問で担任の先生にお話はしましたが、その時見せてもらった娘の作文を読んでほぼ納得(・・;)
家庭訪問で納得できない通知票のことを聞いたみた


そしてその日の夜、国語の先生からお電話をいただいたのでした。。。

続きを読む前にクリックしていただけるとうれしいです(*^_^*)
にほんブログ村 受験ブログ 高校受験(本人・親)へにほんブログ村 子育てブログ シングルマザー育児へにほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へ



ご挨拶を済ませた後、本題へ。

結論から申し上げると、お嬢さんの場合、「書く力」が全体の足を引っ張っている感じなんですよ~

わかっちゃいたけど…
やっぱり
(;´∀`)


娘の中学では大阪府高校入試で平成28年度から内申書の評価方法を相対評価から絶対評価に変更することを受けて、2年生から通知票は5段階の絶対評価でした。

1学期の終わり頃「通知票の見方について」というプリントが配布されていました。

0503tuutihyoumikata.jpg

教科によって少し違いますが、教科ごとに
「関心・意欲・態度」
「思考・判断」
「技能・表現」
「知識・理解」
の4つの観点ごとに目標に対する達成率をパーセンテージで算出します。
(国語は観点が5つ)

達成率
80%以上                    A
50%以上80%未満   B
50%未満                    C

この観点の評価も通知票に記載されます。

20150503tuutihyou.jpg

1~5の評定については、各観点の達成率の平均値によって決まります。

例えば、娘の国語の場合、「書く力」以外のBはAに近いもので、読む力はギリギリのA、足を引っ張っているという「書く力」はギリギリBと仮定すると、以下のようになります。

国語への関心・意欲・態度 B          →79%
話す・聞く力 B                                  →79%
書く力 B                                            →50%
読む力 A                                           →80%
言語についての知識・理解・技能 B→79%

(79%+79%+50%+80%+79%)÷5=73.4%

観点の達成率の平均値
85%以上                    5
75%以上85%未満   4
50%以上75%未満   3
25%以上50%未満   2
25%未満                    1

したがって、この場合、73.4%なので「3」になります。

20150503hyoutei.jpg


各観点についても、何を基に、どのように評価するのか、教科ごとに細かく記載されていました。

20150603kanten.jpg


国語の先生のお話をまとめると

まず、「書く力」について

作文のテストでは内容は一切みていない。
  • 原稿用紙の使い方などの作文の作法
  • 適切な言葉が使われているか(語彙力)
  • 漢字が書けているか、適切に使われているか
  • 文章の構成、表現力
  • 文法が正しく使われているか(前置詞、接続詞など)
このような観点で作文テストの点数をつけている。

他に、テスト後にテスト直しと一緒にテストについての感想文を提出させている。
「良かった、悪かった」だけではなく、
良かったところ、点数が取れたところはどういう勉強したから良かったのか
逆に点数を取れなっか部分はなぜなのか
自己分析をきちんとしてその上で次回(今後)どういう学習をして、目標はどこに置くのかといったところまで書いてほしい。

ということでした。。。

個人懇談の時に、学期通しての反省文みたいなものを毎回見せてもらいます。作文形式ではなく、いくつかの設問に分かれているものです。
  • 友達との関わり
  • クラスでの役割
  • 勉強について
などなど…

うちの娘、いつも一言で終わらせていたんですよね(^_^;f

「良かった」
「楽しかった」
「頑張ります」

などなど…

いつも言っていたんです。
もうちょっとしっかり書こうよ!
ヽ(* `ω゚)ノ コラ----ッ

って。。。


他には、漢字の小テストの点数も教えてもらいました。娘は小テストは6割~7割の正答率。中間、期末テストでは漢字はほぼ満点なんですけどね。

先生としては、中間、期末の頑張りはわかるけど、小テストから頑張ってほしいとのこと。

あと、提出物について。
期限内にきっちり出してはくれるけど、言われたことだけではなくプラスアルファ、意味を調べるとか、そういうことまでやってほしい。

そして、観点について「A」を取るためにはここまでやってほしいということを生徒にも伝えているということでした。


娘の通知票については納得できたし、足りないところも聞けたし、お話して良かったです(*^_^*)

娘に話すと、3年生になってからは小テストから頑張っているし、提出物もプラスアルファ何かやるようにしているとのこと。

問題は作文ですね~
「面倒くさい」をなくすだけでもかなり変わる気はする…
`,、('∀`) '`,、

自分の為や!頑張れ(^ ^)v
トラコミュ
成果の出る勉強法って?

Ads by Google

関連記事

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

- | 2015.09.04 16:27 | URL


Re: 水玉さん

コメントありがとうございます!

待っていてくださったんですね~
本当にうれしくて、ブログ始めて良かったと思いました。
ありがとうございます。
それなのに更新遅くなってすみませんでしたm(_ _)m

コメント、娘と一緒に読ませていただきました。
お嬢さんは精一杯ご自分のできることをして努力をされているのだと思います。
先生もそんなお嬢さんの頑張り、努力を評価されてのことではないでしょうか。
テストの点数だけが全てではないです。
いただいた評価は水玉さんもお嬢さんも胸を張って良い評価だと思いますよ。

受験のことを書いていてこう言ってはなんですが(汗)
学校の成績で人間が判断されるわけではありません。
娘も受験を通して目標に向かって努力することで
人間として成長してくれればいいなぁと思っています。

水玉さんにいただいたこのコメントは娘も励みになると思います。
本当にありがとうございました。
また遊びに来て下さいね。コメントもお待ちしています。

みい☆ | 2015.05.04 20:12 | URL


初コメ失礼します、水玉と申します^^
この記事が更新されるのずっと待ってました〜!!!
評価の件などで勉強させて頂いてますm(__)mうちは同じ大阪の中2女子です。
娘には知的障害があるので、中間期末テストでは全教科20点前後しか採れませんが通知表では4〜3。なんでだろう?と疑問に感じながらも先生に訊きに行けば成績下げられそうで怖くて行けませんでした。こちらの記事で納得し、大変勉強になりました。貴重な記事をありがとうございます。
テストで100点近く採れるお嬢さん、既に力はおありになるのでお母さんの工夫次第ですぐ5になるのではないでしょうか。これからも陰ながら応援しています!勝手に励みにさせて頂いております。コメント失礼しましたm(__)m

水玉 | 2015.05.04 18:27 | URL


Re: まるちゃんさん

はじめまして!コメントありがとうございます。

お嬢さん、文理学科なのですね。
娘の志望校は文理学科併設校なのですが、娘は普通科で十分だそうです^_^;
まだまだ、受験ができるかどうか。。。という成績なんですけどね。

お嬢さん、ご自分で聞きに行かれたんですね。偉いですね。
娘も自分のことなので、本当は自分で聞きに行くぐらいの積極性を持ってもらいたいのですが、そういうところはまったくダメな子です(>_<)

受験まであと10ヶ月、どこを受験することになっても悔いの残らないよう頑張ってくれたらなぁと思っています。
またお立ち寄り下さいね。

みい☆ | 2015.05.04 16:39 | URL


管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

- | 2015.05.04 12:33 | URL


はじめまして!
娘が文理学科の高校1年生です。
同じ大阪+シングルマザーです。
通知表の絶対評価、先生の主観が入るため、教科ごとに先生に聞くのが一番ですよね!
うちも2年生の時にペーパーで満点だったのに、通知表が納得できなものがありました。
娘はすぐに先生の所に行き、「この評価は納得できません!」と怒鳴ったそうです(気が強い娘なんです(笑))。
すると先生からどのようなことでこの評価になったのかを聞き、以後それを頭に入れて頑張りました。
みぃさんのように、納得できなければきちんと先生に聞くことはとても大切だと思います。
私も娘自身が聞かなかったら、きっと聞きに行ってましたもの^_^
あと受験まで10か月!
親子ともに精神的にもつらい時があるかもしれませんが、頑張ってくださいね!
応援しています!

まるちゃん | 2015.05.04 11:57 | URL














管理者にだけ表示

Copyright © 貧乏母子家庭の高校受験 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
RSS1.0 | 管理モード | template by 風花スタイル
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。