ホーム娘が生まれるまでのこと ≫ 生まれてくるべきではなかったの?母親に2度捨てられた娘の思い

生まれてくるべきではなかったの?母親に2度捨てられた娘の思い


中学3年生の時、私を一人置いて出て行ってしまった母。でも私はそんな母を責めることも嫌いになることもできませんでした。

母が住んでいたのは東海地方のとある海辺の町。新幹線と在来線を乗り継いで、年に1、2度 母に会いに行っていました。

entry_img_94.jpg


26歳になった私が精神的に疲れ果てて母のところに逃げ込んだ時に母は黙って姿を消してしまいます。

そして母と一緒に暮らしている男性から、母が出て行った理由を聞かされました。

母は自分の息子と恋愛関係にあり、
私に嫉妬して出て行った


というのです!

工工エエエェェ(゚∀゚;≡;゚∀゚)ェェエエエ工工
何ソレ???



続きを読む前にクリックしていただけるとうれしいです(*^_^*)
にほんブログ村 受験ブログ 高校受験(本人・親)へにほんブログ村 家族ブログ シングルママへにほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へ



中2で母に連れられて家を出てからここまでのお話
  1. ホームレス中学生にはならなかったけど修学旅行前に母に捨てられました
  2. 捨てる神あれば拾う神あり?母親に捨てられた娘のその後
  3. 一人で生きていくこととは?母に捨てられた父と娘
  4. それでも嫌いになれない母親、そしてまた捨てられました


当時、母は53歳、その息子は25歳です。年齢差28歳です。

小柳ルミ子と大澄賢也の歳の差の倍や!
∑(゚ロ゚屮)屮
(その当時の話題だったので…(^_^;f )

私はその息子と仲良くお話はしていましたが、ほんの数日のことです。そんなに急には進展しません。

確かに「このまま結婚でもしてこっちに残るのもありかも?」という気持ちに傾きかけていたことは事実です。

でもそれはその人が「好き」というよりは「母の近くで暮らしたい」という気持ちからのことでした。

私は精神的に弱っていて、母を頼って行っていたのです。何があって、どういう理由で来たということは全く話していませんでしたが、そこは母娘です。

「何か辛いことがあったのかなぁ」と少しは察していてくれているもの思い込んでいました。

だから、母とその人がどうのということより、私のことは全くわかってくれていなかったんだということの方がショックでした。

今思えば、それも私の勝手な思い込みなんですけどね。。。

離れて暮らして10年です。話もせずにわかってほしいなんて無理な話です。

その時の私は自分のことしか考えられなくなっていました。


一方、母は私がその人のことを好きなら自分が邪魔になるとでも思ったのでしょうか?

仮に私がその人が好きだったとしても、母がいなくなることで母とその息子の関係が私にわかってしまいます。

かと言って、私と息子の関係が進展していった時にそこに自分がいるのは私に申し訳ないと思ったのか?それともただ単に私に対する嫉妬心だったのか?

どちらにしても、母もまた、自分のことしか考えていなかったんだろうと思います。


また捨てられた。。。

その時の正直な気持ちです。15歳で母に置き去りにされた時のことも「あの時自分は捨てられたんだ」と初めて認識しました。


結局、母は自分の実家にいるということがわかりました。今現在、母が住んでいるところです。

そしてわたしから母へ連絡をすることもなくなりました。元々母からは高1の時に一度、祖父が亡くなった時に一度連絡があっただけです。


あれだけ大好きだった母、置き去りにされても、何があっても嫌いになれなかった母…許せないと思いました。

15歳で電話一本で出て行ってしまった日のこと、その後の父との会話、「一人で生きていけるように育ててある」という言葉、自分からは一切連絡もくれなかったこと、全てのことが今度は許せないことに変わってしまったのです。

私の気持ちは15歳のあの日に戻っていました。そして中2で家を出る前の母の言葉を思い出します。
「自分には好きな人がいた、父との結婚は間違いだった」

じゃあ、どうして私を生んだの?
私は産まれてくるべきじゃなかったの?
最初から捨てようと思って一人で生きていけるように育てたの?


そんな思いに苦しみながら、8年間、母とは音信不通でした。8年ぶりに母に連絡をすることになった時、私は妊娠7ヶ月でした。

妊娠したことは父には早くに連絡していました。でも、母に連絡するつもりはありませんでした。

それなのに私が母に連絡することになった理由は。。。
トラコミュ
こんな生き方があってもいいよね♪

Ads by Google

関連記事

コメント













管理者にだけ表示

Copyright © 貧乏母子家庭の高校受験 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
RSS1.0 | 管理モード | template by 風花スタイル