ホームスポンサー広告 ≫ 大阪市だけ特別ルールは許されるの?大阪市統一テストとはホーム大阪府の高校入試制度 ≫ 大阪市だけ特別ルールは許されるの?大阪市統一テストとは

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Ads by Google

大阪市だけ特別ルールは許されるの?大阪市統一テストとは


今朝の読売新聞朝刊に

大阪市教委
内申点 独自ルール決定
来春高校入試 市内統一テスト反映


という記事がありました。
(2015年3月25日 読売新聞朝刊より引用)

えっ?大阪市立高校の入試だけじゃないですよね?
大阪府立高校の入試ですよね?

政令指定都市だからって
市長が橋下徹氏だからって
そんなの許されるんですか~?


続きを読む前にクリックしていただけるとうれしいです(*^_^*)
にほんブログ村 受験ブログ 高校受験(本人・親)へ



大阪府教育委員会は
  • 来年度の入試から内申点は絶対評価を採用
  • 絶対評価では教師・学校ごとに評価に差が出る恐れがあるため、1、2年生を対象にチャレンジテストを行い、成績に応じて内申点を補正する
と、発表しています。


3年生(来年度の入試)については、入試のあと、テストの得点と内申点にあまりにも差がある生徒に対しては、成績を補正する方法を検討中とのこと。


府教委の方針に反発する大阪市教委は
  • 3年生には評価基準がない
  • 受験後に得点を変えるのも問題あり
として、大阪市統一テストの実施を決めたそうです。


ここまでは読売新聞の記事を「ふーんそーなんだ」ぐらいの軽い気持ちで読んでいました。
大阪市のHPを読んでみると

工工エエエェェ(゚∀゚;≡;゚∀゚)ェェエエエ工工、

大阪市統一テストで、大阪市全体の
上位7%に入れば必ず「5」
上位31%が「4」
上位69%が「3」

「5」のうち、特に到達度の高い7%は「特別な5ですよ」と文章化する



はぁ?????
大阪市では
授業中、全然話を聞いてなくても
授業中に寝ていても
提出物は全く出さなくても
統一テストで上位7%に入れば「5」なんですか~?
それだったら、絶対評価じゃなくて相対評価ですよね?

という疑問がフツフツと。。。(;´∀`)


そもそも、の入学試験なのに、一つのだけ独自ルールっておかしくないですか?
「特別な5」なんて、高校側で認めるんでしょうか。

絶対評価については、確かに問題もあると思いますけどね。
府とか市とか、そんなところで小競り合いするのは本当にやめていただきたいです。
「入試制度が変わる」ということだけで、受験生も保護者も不安がいっぱいなんです。
大阪府公立高校入試 平成28年度に変わること

それでも、全員が同じルールで受験するのだから、みんな同じなのだから仕方ないと頑張って勉強しているんです。
特別ルールはやめましょうよ。


ただ、「学力検査と調査書の評定比率は3:7~7:3の5つのパターンから学校が選択」ということですから、おそらく上位校は学力検査7、調査書3のパターンではないかと思っています。私の考えですけどね。

だとすれば、そんなに目くじら立てることもないか。。。^_^;



でも本当に「府」とか「市」とかいがみ合ってないで、子どもたちのことを一番に考えてもらいたいものです。


お読みいただきありがとうございました!

ランキングに参加しました。
頑張る娘に応援のポチを
よろしくお願いします<(_ _)>

にほんブログ村 受験ブログ 高校受験(本人・親)へ
にほんブログ村

Ads by Google

関連記事

コメント

Re: まるさん

こんにちは~
娘の学校は通知票の評価が低いみたいなんです。
塾では他の学校は「5」乱発と聞きました。
3年生になると評価が甘くなるのかもしれませんが、
しっかりとした統一の基準を設けてほしいですよね。

みい☆ | 2015.03.27 13:57 | URL


市内在住なので統一テスト気になっています。
最近、内申点は通知表の評価とは別な気がしてるんです。
チャレンジテストの得点の低い社会、理科ですら通知表では5
5を乱発する学校のようで素直に喜べず評価がおかしいと
不安に思うことばかりです。
入試後に成績を補正されるのも、すごく心配です。

まる | 2015.03.27 08:44 | URL[ 編集 ]














管理者にだけ表示

Copyright © 貧乏母子家庭の高校受験 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
RSS1.0 | 管理モード | template by 風花スタイル
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。