ホームスポンサー広告 ≫ 高校授業料無償化制度、平成28年度以降も継続?所得制限は?ホーム授業料無償化・奨学金・助成制度 ≫ 高校授業料無償化制度、平成28年度以降も継続?所得制限は?

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Ads by Google

高校授業料無償化制度、平成28年度以降も継続?所得制限は?


entry_img_134.jpg

塾の保護者会で、「平成28年度高校授業料無償化制度所得制限が引き下げになりますよ~でもまだ正式決定していません」というお話がありました。

今日、大阪府のHPをのぞいてみたら、決定していました。私立に進学した場合は負担が増えるご家庭が多くなりそうです。

うちの場合はどちらにしても無償ですが。。。^_^;


続きを読む前にクリックしていただけるとうれしいです(*^_^*)
にほんブログ村 受験ブログ 高校受験(本人・親)へにほんブログ村 家族ブログ シングルママへにほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へ



公立高校に進学した場合は、国の支援制度で年収910万円未満(市町村民税所得割額30万4200円未満)で年間支給額11万8800円となり、月9900円の授業料が無償になります。
参考→えぇ、無償じゃないの?公立高校の学費

私立高校に進学した場合、大阪府では国の「高等学校等就学支援金」にプラスして府の「授業料支援補助金」制度があります。

1.年収590万円未満(市町村民税所得割額154500円未満)だと国の支援金+府の支援補助金で保護者の実質負担額はありません。

2.年収590万円以上800万円未満(市町村民税所得割額154500円以上251100円未満)で、保護者の負担額20万円

3.年収800万円以上910万円未満(市町村民税所得割額251100円以上304200円未満)だと国からの就学支援金118800円は支給されますが、府の支援補助はありません。そのため、保護者の実質負担額は(授業料-118800円)となります。

4.年収910万円以上(市町村民税所得割額304200円以上)は国からも府の支援も適用されず、授業料は全額保護者の負担となります。

また、支援金は国と府を合計して58万円までで、58万円を超えた分は上記の1番、2番は学校が負担します。

1番にも3段階あり、国と府の負担の割合が違います。実質的な保護者の負担はどちらにしてもゼロ円です。

大阪府内の私立高校に3人以上通っている場合、保護者の負担は減額されます。

(詳しくは大阪府のHPをご確認ください)

大阪府HPの支給例は

年収のめやすは「夫婦のどちらか一方が働き、高校生1人(16歳以上)、中学生1人の4人世帯の場合のものです。

と記載されています。

だから、この年収をそのまま各ご家庭に当てはめるのは少々危険かと思います。扶養家族の数や共働き、給与所得者か自営業者かでもかなり違ってくるのではないでしょうか?

私の平成25年の所得額は約130万円で確定申告しています。その所得額で市町村民税所得割額は53800円です。

府の支給例では年収の目安350万円未満で市町村民税所得割額51300円未満になっていますから(笑)

私の場合は寡婦控除がないからなんですけどね^_^;
未婚の母には寡婦控除がないので税金が高い(泣)源泉徴収票公開します

それから、市町村民税所得割額はご夫婦で働いている場合、合算の額で判定されます。

あ、それと府民税は関係ないみたいです。市町村民税の所得割額で決まるようです。


申請は入学した学校で4月と6月以降、府の補助金はまた別に申請する必要があります。

国の支援金は、4月が平成27年の市町村民税、6月以降の分は平成28年の市町村民税、府の補助金は平成27年、28年両方の市町村民税で判断されます。

支給は直接学校にされるようです。学校によっては先に個人で納付をして、後から返金される学校もあるみたいですね~

HPだけではその辺りの細かいことはわかりませーん(>_<)

「高校受験ガイドブック」とか買ったほうがいいのでしょうか???

公立 合格してほしいなぁ~
(;´∀`)

頑張る娘に応援のポチを
よろしくお願いします<(_ _)>
にほんブログ村 受験ブログ 高校受験(本人・親)へ

ついでにこちらも!
   ↓  ↓  ↓

Ads by Google

関連記事
Copyright © 貧乏母子家庭の高校受験 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
RSS1.0 | 管理モード | template by 風花スタイル
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。