ホームスポンサー広告 ≫ 未婚の母には寡婦控除がないので税金が高い(泣)源泉徴収票公開しますホーム母子家庭の貧乏話とお金の話 ≫ 未婚の母には寡婦控除がないので税金が高い(泣)源泉徴収票公開します

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Ads by Google

未婚の母には寡婦控除がないので税金が高い(泣)源泉徴収票公開します


今日の朝刊に、寡婦控除を受けられない未婚のひとり親に対して支援をする施策を始める自治体が増えてきているという記事がありました。

婚姻歴を持たずに子育てするひとり親には、税法上の「寡婦(寡夫)控除」が適用されない。そんな不利益を軽減しようと、各地の自治体が、保育料や公営住宅家賃の減額、医療費助成などの独自施策に乗り出している。

2015年5月22日 読売新聞朝刊より


そうなんです~
未婚の母税金が高いのです(泣)
離婚?死別?未婚?母子家庭になった理由

私も保育料、けっこう払っていましたよ。。。
(ノ_・。)

続きを読む前にクリックしていただけるとうれしいです(*^_^*)
にほんブログ村 受験ブログ 高校受験(本人・親)へにほんブログ村 家族ブログ シングルママへにほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へ



死別、離婚で母子家庭、父子家庭になった場合、所得税、住民税に対して寡婦控除(寡夫控除)を受けることができます。

寡婦(寡夫)控除の額は所得税27万円、住民税26万円です。総所得金額が500万円以下の寡婦(女性)は「特定の寡婦」として特別寡婦控除が適用され、控除額は所得税35万円、住民税30万円になります。

寡夫控除には特別の控除はなく、また控除を受けられるのは年収500万円以下となります。


控除額が大きくなると、税金を計算する基準の金額が低くなるため、同じ収入でも支払う税金の額は小さくなるのです。

これは平成17年の私の源泉徴収票です。
entry_img_129.jpg
ちょっと見にくいですが、赤く囲ったところが「寡婦・寡夫」の欄で、私の場合は空白になっています。「寡婦・寡夫」の場合はここに印が付きます。

給与所得控除後の金額
1,186,400
所得控除の額の合計額
1,071,576

所得税を計算するための基になる金額は
給与所得控除後の金額-所得控除の額の合計額
1180400-1071576=108824

この、「108,824円」を基に所得税が計算され、この年の源泉徴収税額は9,100円になっていました。


もし、特別寡婦控除が適用されていたとしたら、「所得控除の額の合計額」は35万円多くなり「1,421,576」となります。

給与所得控除後の金額よりも控除額のほうが大きくなることから所得税はゼロ。毎月引かれていた源泉徴収額は年末徴収で全額返ってくることになります。


でも、所得税よりも影響が大きいのは住民税の方なのです。

住民税の控除は所得税とは少し異なります。でも、もし特別寡婦控除が適用されていれば平成18年度に支払う住民税は非課税だったと思います。

住民税自体はそれほど大きな金額ではなくても、住民税を基に計算されている保育料が全然違ってくるのです。

平成18年、私が支払っていた保育料は月18,000円です。18,000円はけっこうキツかったです(/_;)

当時は健康保険も社会保険でしたので、私に直接関係したのは保育料だけです。でも、住民税は国民健康保険料、公営住宅の家賃などに関わってきます。

最初にご紹介した新聞の記事のように、こうした住民税を基に計算される、保育料や家賃を、寡婦控除が適用されるとみなして軽減する措置をとる自治体が増えてきているようです。

といっても所得税、住民税は軽減されることはなくそのままです。税金に適用されるためには国の法律が改正される必要があります。


自己責任と言われれば、その通りなんですけどね(^_^;f

でもね、離婚した人が別の人の子供を未婚で産んだ場合も寡婦控除が適用されるんです。1回でも婚姻をしていれば寡婦控除の対象になり、1回も結婚していない場合は寡婦控除は適用されないのです。

これはちょっとおかしいんじゃないの?と思ってしまうのですが…

ひとり親家庭に「みなし寡婦控除」を適用する自治体が増えていることはとてもうれしいことです。でも、所得税法から見直しをしてほしいなぁと思います。


私の源泉徴収票は平成17年のものです。この時にはまだ扶養控除がありました。今は扶養控除もなくなっています。私の去年の住民税、国民健康保険料がけっこうな額だったと前に書きました。
初めての青色申告

青色申告の65万円控除だけではなく、寡婦控除がなかったこともその理由です。

ちなみに児童扶養手当の計算には寡婦控除、特別寡婦控除の適用はありません。


でも、ない制度のことをブチブチ言っても仕方ないですね^_^;

去年、学んだことはちょっとぐらい頑張っても何の足しにもならないということです。ちょっと頑張ったら余計に生活は苦しくなりましたからね(>_<)

頑張るんだったら目一杯頑張らないと意味が無い!

娘の高校進学の学費、そして3年後は大学。成人式に結婚。。。これからまだまだお金がかかりますね~

頑張ってどん底生活から抜け出すぞ(^-^)/
トラコミュ
明るく楽しくシングルマザー&ファーザー♪


いつもお読みいただきありがとうございます!

頑張る娘に応援のポチを
よろしくお願いします<(_ _)>
にほんブログ村 受験ブログ 高校受験(本人・親)へ

ついでにこちらも!
   ↓  ↓  ↓

Ads by Google

関連記事

コメント













管理者にだけ表示

Copyright © 貧乏母子家庭の高校受験 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
RSS1.0 | 管理モード | template by 風花スタイル
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。